夜尿症と漢方薬

夜尿症の市販薬には、小建中湯という漢方薬があり、おねしょの原因である冷え症を生薬で温め、おねしょを改善します。

夜尿症を正しく学ぶのメイン画像

夜尿症と漢方薬

夜尿症とは就学しても治らないおねしょのことをいいます。

おねしょは大体小学校あがるくらいまでに自然い治るものなのですが、なかなかおねしょが治らないという子供もいて、その場合、自然ではなく治療をする必要があることもあります。

夜尿症というのは、ほとんどの場合、膀胱の大きさに対して、睡眠中にできるおしっこの量が多すぎて漏らしてしまうというケースになります。

致し方ないことではありますが、あまり大きくなってからも起きる場合は、膀胱などに疾患がある可能性もあったりと問題があることもあるので、そのままにしていいとは言い切れません。

いきなり病院へいくのはと躊躇してしまう人もいると思いますが、その場合には、まずは夜尿症のための市販薬を利用してみるという方法もあります。

夜尿症の市販薬には、小建中湯という漢方薬があります。

他には桂枝加竜骨牡蛎湯などもあります。

これらの漢方薬がどの様に作用するのかといえば、おねしょをする子の体が冷えていることが多いのですが、お腹を温める効果があります。

体が冷えていると、自律神経によっておしっこを外に出し、体を温めようとするのですが、おねしょも同じ状況でおしっこが出てしまうということです。

小建中湯は麦芽糖が含まれているので子供でも飲みやすく、体にエネルギーを補給することができます。

体にエネルギーが補給されれば、生薬で温められ体を保温し、おねしょが無くなるということになります。

※こちらも参考にして下さい:夜尿症が気になるなら

Copyright harchi-k-bekhai.com.All Rights Reserved.

当サイト(夜尿症を正しく学ぶ)の記事・画像などの無断転用を禁止します。